盗聴器の豆知識

身近にある盗聴器を発見する方法

盗聴器と聞いても自分にとっては縁遠いものだというイメージをお持ちの方が多いでしょう。
しかし、実際には盗聴器による被害は誰にでも起こる可能性があるので注意が必要です。特にアパートやマンション、一戸建てなどの賃貸住宅では、コンセントの内側などに仕掛けられているケースが多いですから、入居する前か入居してからすぐに調べておくと安心です。サイズが小さくて発見しにくいタイプが多く出回っており、誰でも簡単に手に入れることができます。それだけ警戒心を持たなくてはなりませんが、発見するために専用の検知器を用意する必要があります。
仕掛けられている場所の近くに検知器を置くと、アラームが鳴って知らせてくれます。誰にも気付かれないよう密かに調べたいときは、振動して知らせてくれるタイプの検知器を購入するといいでしょう。
自分で用意しなくても引越しの際に業者が調べてくれるオプションサービスを利用するという方法もあります。新しく賃貸住宅を借りたら荷物の運搬を引越し業者に依頼することが一般的です。業者の方ではさまざまなオプションサービスを用意しています。盗聴器発見サービスというオプションサービスがある引越し業者を探してみましょう。

盗聴器の存在を知る

自分の私生活を盗聴されるのは嬉しいものではありません。専門的な知識がなくても、盗聴器の有無を見つけるポイントがあります。それはノイズの存在です。無線式の盗聴器や盗撮カメラが設置されていると、テレビ画面に横縞が入ったりラジオが聞こえにくくなったりすます。テレビやラジオの電波に影響するためです。
また電話にもノイズが入ります。ザーというノイズは通常でも聞こえることがあります。ただしカチといったスイッチを入れる音は、電話の話し声を感知するために盗聴器が作動することを示します。
さらに電話や電子機器の周りは仕掛けられやすい場所です。コンセントの下のホコリが落ちていることや、削りくずがないか確認します。特別な掃除をしていない限り、保安器などの上に溜まったホコリが自然と落ちる可能性は低いです。誰かが自宅に侵入してコンセント周辺を触っています。三叉コンセントなど付けた覚えがないコンセントが付いていることも多いです。電子機器に影響を与えることから、蛍光灯の明かりも少し暗くなります。専門家に調査を依頼すると費用がかかるので、自分で発見できるのが一番です。
ただし疑心暗鬼になって設置されていない盗聴器を探し続けると、精神に異常をきたすのでこれらの兆候がなければ不要な恐怖心は除去します。

pickup

品川区 歯科
http://chino-dc.com/
アレルギー 久留米
http://www.fujiyosi.jp/services/allergy.html
クレジットカード 現金化 札幌市
http://7gift.net/
アスペルガー診断
http://kidshug.jp/d_grow/d02/dc03/
ホームページ制作会社
http://homepage-premium.com/
西永福の歯科情報
http://24eifuku-yamada.com/

最終更新日:2017/2/1