盗聴器の豆知識

盗聴器を発見する方法

現在、盗聴器は簡単に買うことができます。
ですから、いつ盗聴の被害に遭ってもおかしくありません。
盗聴器には、二つのタイプがあります。
一つ目は、「録音するタイプ」。
中にメモリーが搭載されており、そこにレコーディングしていくという仕組みです。 信号を出さないので、目視で見付けるしかありません。
二つ目は、「電波を使うタイプ」。
一般的なのは、こちらのタイプです。こちらは、以下の方法で発見することができます。
まず、部屋を調べます。 電波が出ているかどうか調べるため、ラジカセなどを大きめの音で鳴らしてみましょう。もしくは、FMラジオの周波数帯を使っていることも多いので、FMを受信しつつ、周波数を上げて行きましょう。
その途中でラジオから室内と同じ音が響いて来たら、仕掛けられています。
また、UHFやVHFなどの周波数帯を使っていることもあります。その場合は、専用の発見器を使わなければなりません。FMラジオと同様、周波数を上げて行って探ることになります。

盗聴器の発見には専門家を頼るべき

盗聴器が家に万が一、設置されてしまっても、素人では発見するのはほとんど無理と言っても過言ではありません。盗聴器は現在、ものすごく小型化されているものもあり、コンセントに設置された場合、コンセントを解体しなければ見つけることは困難なくらいです。
これの恐ろしいところは、遠くにいても家で話している内容が筒抜けになってしまうことです。家だけでなく、会社に設置された場合は機密情報の漏えいにもつながってしまいます。会社は不特定多数の人が出入りするので、誰が設置したのかわからなくなってしまう上に、手の込んだ設置のされ方をされてしまったら、もうお手上げ状態と言って良いでしょう。
もしも、盗聴器が仕掛けられているかもしれないという疑いを持った場合は、専門会社に調査を依頼すると良いでしょう。今は安い料金で調査をしてくれる会社が増えてきているので、お願いしやすくなっています。
専門家ならば、特殊な機械を使うので、早期発見をしてくれるでしょう。

check

新小岩のインプラント歯科
http://www.k-dc.net/

Last update:2017/2/1