盗聴器の豆知識

盗聴器に使われやすい周波数帯

盗聴器は盗み聞きするためのツールです。マイクから入手した情報を電波として発信します。この電波は半径150メートル程度まで届くものが多いのですが、高性能なものでは1キロメートル以上届くこともあります。盗聴者は受信機で、飛んできた盗聴情報を入手します。

盗聴器の周波数には、「盗聴6波」と呼ばれる代表的な帯域があります。VHF帯として139.970MHz、140.000MHz、139.940MHzが、UHF帯として398.605MHz、399.455MHz、399.030MHzが盗聴6波にあたります。盗聴6波を使う理由は、電波の特性を考慮したときに、相手に気づかれにくいからです。そのため、これらのいずれかの周波数を用いた盗聴器が多いのですが、最近ではこれら以外の周波数を利用したものも多数出回っています。

盗聴器が設置されているかを調べたければ、発見器を使って盗聴6波を重点的にチェックするのが最も効率的でしょう。

盗聴器に使われる周波数の帯域は

盗聴器はもちろん、総務省が認めて正規に販売されているものではありませんので、テレビやラジオなどのように周波数は割り当てられていません。

勝手に帯域を決めて販売をしていますが、ただ、機械ごとに帯域を変えるのはコスト的に無理なので、ある一定の周波数を使って量産品として販売する場合が多くなります。

その一つが、地上デジタル放送で使用されているUHF帯です。具体的には「Ach」「Bch」「Cch」に集中していて、それぞれ398.605MHz/399.455MHz/399.030MHzが使われることが多く、調査会社もこの帯域を重点的に調べています。

この周波数を受信できる装置があれば自分でも調べられますが、逆にこの周波数を受信できる装置で、一般の者にも傍受が可能になりますので、いち早く発見して取り外す必要があります。
その他盗聴器には、FM帯域やVHF帯域のものもありますので、詳しくは専門の調査会社に依頼するのが確実で安心です。

Favorite

鴨宮で新築一戸建てをお考えなら
http://www.ichi-home.com/?p=sb&key_word=&type=type_1_new

最終更新日:2017/2/23